空き家問題

目次

空き家の問題点とリスク

2015年に空き家の所有者に対して「空家等対策特別措置法」が施行されました。これは所有者が空き家を適正に管理することを義務付けた法律です。庭から草木が伸びて道路まではみ出していたり、不法投棄されたゴミから害虫や害獣が発生している場合は所有者が直ちに対処する必要があります。また、市町村からの指導や勧告、命令に従わなかった場合は50万円の罰金が下る場合があります。このように現在の日本では空き家を所有している場合、適切に管理をして維持しなければいけないという現状になっています。また、老朽化に伴い倒壊の恐れもあるため、地震等の災害が発生した場合に避難経路を塞いでしまう事や近隣住民に人的被害を与えてしまう可能性があります。

空き家所有者が悩む要因

適正に管理する事が大変だ
自宅から空き家まで距離があるため管理できない
近隣住民に被害が出る恐れがある
相続はしたが、今後住む予定がない

このような場合、空き家に家財や遺品が残っている可能性が高いですが、どこにあるかわからない状態です。
当社暮らし110番では、整理・分別・廃棄・清掃・解体を適切に行い所有者様のお悩みを解決致します。

暮らし110番が選ばれる理由

遺品・不用品を積極的に
買い取ります!

当社では整理・分別・廃棄の家庭で出てきたお品物の買取作業も行っております。依頼者様が不要だと思われたお品物は査定させて頂き、ご利用料金の削減に当てさせていただきます。また、骨董品・再利用できる家電製品など高価査定ができる場合もございます。当社では独自の流通網を持っており、そのため高価査定を実現しております。ご利用の際には一度買取をご検討いただければと思います。

解体作業も承っております!

当社では、老朽化した空き家の解体工事も行っております。空き家を管理するのが大変な方や、近隣住民への被害が心配だと思われる方にはご利用いただいております。解体に際して必要な書類や面倒な手続きも当社暮らし110番が執り行いますので依頼者様にはご面倒をおかけすることはありません。依頼者様立ち会いのもと作業をさせていただきます。

一貫した低価格を実現!

当社では遺品整理に伴う様々な業務を行っております。そのため、一貫した作業にかかる費用は業界随一の低価格を実現しております。空き家の整地だけではなく廃棄物の処理や小規模工事などの行っており、そちらも低価格で行わせていただいております。もし当社暮らし110番のご利用を検討される場合は、なんでもご相談下さい。専門のスタッフが対応致します。

空き家整理
の流れ

STEP
ご相談・お見積り

まずはお電話【050-5527-1473】または、当サイトのお見積依頼フォームよりご相談ください。
暮らし110番では、ご相談・お見積りを無料で行っております。の追加料金は一切ありません。

ご提示させていただいたお見積金額、サービス内容にご納得いただけましたらご契約となり、清掃の実施日について具体的なお話をさせていただきます。 提示したお見積金額やサービス内容は、ご依頼者様からの追加要望等がない限り一切変わることはございませんのでご安心ください。

STEP
当日のお打合せ・現場の養生・近隣へのご挨拶

ご依頼者様が現地にいらっしゃる場合は、作業前に当社スタッフ全員を交えて最終打合せを行います。ご依頼者様の細かなご要望や、作業の効率化やミスを防ぐための作業手順の確認などを行います。

不要品などの搬出作業時に、部屋の壁や床、ドア、階段、門扉、エレベーターなどを傷つけないよう搬出経路に養生をさせていただいてから清掃作業を開始します。

STEP
貴重品捜索・不要品分別

現金や貴重品などが紛れていないかしっかり捜索しながら行います。 また不要品の中から、リサイクル可能なもの、リユース(再利用)可能なもの、寄付などに活用できるものなど細かく仕分けます。

STEP
不要品の搬出・解体

買取可能なもの、リユース・リサイクル可能なもの、貴重品などを除く不要品は、廃棄物として搬出し、ご依頼者のご要望に沿って、清掃または建物の解体作業を行います。

STEP
整理作業終了(確認・ご精算)

作業中に発見された現金や貴重品などをご依頼者様にお渡します。

作業完了の確認をしていただきましたらご精算となります。

また、テレビ、冷蔵庫などの家電製品や家具や衣類など、再利用可能な状態の良いものはリユースやリサイクル品として買い取らせていただきます。 保存するもの、処分するもの、再利用できるものをしっかりと仕分けし、ご依頼者様にご納得いただけるよう執り行わせていただきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる